東京観光

東京観光

 

東京観光 > 東京観光

上野東照宮

上野東照宮は、東京都台東区にある上野駅を降りてすぐ西側にあたる、上野恩賜公園の敷地内に鎮座する神社です。この神社は、長い戦国の世を終わらせた徳川家康を祀る神社であり、のちに江戸時代に活躍した徳川吉宗、徳川慶喜をあわせて、江戸時代の3代の将軍を祀ったものとなっています。

上野東照宮の正式名称は、地名が付かない「東照宮」ですが、日光東照宮、久能山東照宮をはじめとして、全国にある徳川家康を祀る神社はすべて「東照宮」であるため、他と区別するために、地名である「上野」を付けるのが通例となっています

上野東照宮が創始されたのは、江戸時代のはじめの寛永4年、西暦で1627年のことであり、徳川家康の側近として仕え、城普請の名手としても知られていた藤堂高虎によるものです。

当時は上野にあった藤堂高虎の屋敷のなかに社が築かれていましたが、その後3代将軍の徳川家光の時代になって、現在のような壮麗な社殿につくり変えられました。

徳川家光が新たな上野東照宮を再建したのは慶安4年、1651年のことであり、社殿の壁面には日光東照宮と同じく、金箔が多く用いられており、当時から人々の耳目を集めていたといわれています。また、徳川家康は「東照大権現」という神号を朝廷から賜っているため、社殿の形式は本殿と拝殿が一体化した「権現造り」とよばれる特別な形式となっています。

拝殿に掲げられている額そのものも、後水尾天皇がみずからしたためたものであり、壁画には狩野派を代表する天才肌の絵師として知られていた狩野探幽の唐獅子などが用いられており、たいへん見応えがあります。そのため、東京の観光スポットとして人気であるほか、国の重要文化財としての指定も受けています

境内には、社殿のほかにも、江戸時代の大名から寄進を受けた、石造の明神鳥居、銅造の灯篭50基などがあり、これらも同じく国の重要文化財となっています。社殿の内部も平成の大修理を終え、有料ですが拝観が可能となっています。

また、境内には日中友好を記念して昭和55年にぼたん園が造成されており、春先になると、中国ぼたんをはじめ、アメリカ品種、フランス品種など、500株以上のぼたんが咲き誇ります。この時期には「春のぼたん祭」が開催され、おおぜいの人々でにぎわいます。最近では冬に咲く寒ぼたんの品種も登場しており、元旦から2月下旬のころにかけて、境内のぼたん園がふたたび開園し、甘酒なども振る舞われます。

 

Copyright 東京観光 All Rights Reserved.